社会保険労務士の年収

社会保険労務士になったからと言って、すぐ高収入が得られるかと言えばそうではありません。勤務している社会保険労務士の方であれば、普通の社会人と同じように月給制になっていますから、年収もびっくりするほど高くはないと思います。

独立開業している社会保険労務士になると顧客数や顧客先の従業員数、請け負っている業務の内容で、顧問料が違います。
また、社会保険労務士の資格だけではなく、税理士や行政書士など別の資格を取得して、請け負う仕事の幅を広げ、高収入を得られる方もおられます。

開業してから数年は、年収も100万円台という事務所は珍しくありません。
開業当初は、顧客数も少ないですし、請け負う業務も限られてきますので、2年、3年先を考えながら、日々営業に勤しむ社会保険労務士の方が多数おられます。
5年で年収が700万円に達すれば、十分成功者の仲間入りです。

もっと収入を得たいと思うならば、やはりダブルライセンスで、社会保険労務士以外の資格で、仕事の幅を広げたり、社会保険労務士業務以外のコンサルティング業務の新規開拓していくのがベストだと思います。

では、社会保険労務士の顧問料の詳細はどんな感じなのか、私の知る限りでお話ししたいと思います。
社会保険労務士の仕事は、提出書類などの手続き代行、帳簿作成、コンサルティング業務などがありますが、依頼される業務の数によって、顧問料に差が出てきます。

顧問先の従業員が多ければ、その分書類作成や事務作業も多くなりますから、顧問料も高くなってきますが、中小企業であれば、職安への手続きは、事務の方がするということもあります。そういった場合は、顧問料が低くなります。

顧問料の設定に関しては、規定がありませんから自由に設定が出来ます。
スポット的な就業規則の作成や年度更新の手続きなどの価格に関しても自由に設定できますが、相場では、10~30万と言われています。

顧問料に関しては、顧問先が増えない限り収入は変わりませんが、スポット的な業務は収入増につながるものですから、他の社会保険労務士に優るスキルを持つことは、収入増のキーポイントになると思います。

おすすめ!社会保険労務士の通信講座

社会保険労務士の試験は司法書士よりもやさしく、行政書士よりも難しい国家資格です。
確実に合格を目指すため、社会保険労務士の通信講座が充実している「たのまなヒューマンアカデミー」をおすすめします。
すぐに資料請求(無料)をして検討する材料をそろえましょう!