社会保険労務士の仕事内容

会社保険労務士の代表的な職務としては、社会保険の加入・喪失手続き、雇用保険の取得・喪失手続きが思いつきますよね。
最近では、年金関係も社会保険労務士が関わってくることは知られるようになりましたよね。

もちろんですが、それだけではありません。社会保険事務所で手続きできるものすべてを代行申請はもちろん、ハローワークでの給付やその他の申請、労働災害に関すること等人事や労務に関することはすべて代行するし、相談や指導もするんですよ。

意外なところを言えば、給与計算などの賃金に関することやメンタルヘルス対策だったり、労働安全衛生に関する相談指導、社員教育・社員研修の計画実施も社会保険労務士のお仕事です。

まぁ、その他にも色々とあるですが、社会保険労務士の仕事は、かなり専門的で幅広い職業と言えます。
ただ、独立している人と勤務している人では、仕事の範囲も量も変わるのは確かです。

社会保険労務士事務所に勤務している社会保険労務士は、担当の企業を2~3社程度受け持ちます。その数は事務所に何名職員がいるかによって変わりますが、独立している社会保険労務士とは違って、1つの企業に深く入り込めるのは、勤務している社会保険労務士の利点かもしれません。

7月に入ると、社会保険労務士は若干忙しくなります。そう、保険料が決まる算定基礎の時期だからなんです。事務職を経験されたことのある人なら、その忙しさと面倒くささはわかりますよね。
その時期の社会保険事務所の混雑は1日仕事ですから、社会保険労務士サマサマです。

最近、経験したことですが、勤めいている会社の同僚が会社で倒れたんです。
その倒れたのが、労災になるのか、ならないかで相当悩みました。
脳梗塞が原因だったんですが、その要因が何かで労災になる場合があります。

このいった事案が起こった場合に、労働基準法を熟知している社会保険労務士が、企業に変わってその業務を行うのです。
専門的知識が一番発揮できる業務かもしれませんね。

おすすめ!社会保険労務士の通信講座

社会保険労務士の試験は司法書士よりもやさしく、行政書士よりも難しい国家資格です。
確実に合格を目指すため、社会保険労務士の通信講座が充実している「たのまなヒューマンアカデミー」をおすすめします。
すぐに資料請求(無料)をして検討する材料をそろえましょう!