社会保険労務士の試験難易度

この社会保険労務士資格取得試験は、国家資格の中でも難易度の高い資格取得試験です。このことをしっかり覚えておきましょう。

なので、合格への道は、かなり厳しいものと言っても過言ではありません。試験科目もかなり広範囲になっていますし、内容も専門的なものなので、短期間で取得できる資格ではないことは、納得できますよね。

この試験は、長いスパンを考えての勉強になりますから、社会保険労務士になろうという強い意志と負けない心を同時に持たなくてはいけません。知力、体力、精神力。この3つのバランスが崩れれば、合格への道は遠いものとなります。

試験の合格率気になりますよね。この資格取得試験の合格率は8%台となっており、この数字を見ただけでもかなりの難易度だということがわかります。

では、社会保険労務士資格合格までにどれくらいの年数がかかるのか、気になりませんか?
個人差があるので、何とも言えませんが、だいたい2~3年かかると言われています。
受験者の受験回数も個人差がありますが、単純に考えて、年に1回の試験ですから、最低2~3回ということになります。

また、年々受験者数も上がってきて、かなり競争率の高い、ハイレベルな資格取得試験と言えますね。
受験者の年齢は、20代~60代と幅広いのですが、受験者の中でもっとも多い割合を占めているのは、30代の男性会社員が一番多く、全体の50%以上を占めています。

数字だけを見れば、高嶺の花のような国家資格ですが、受験者もみな同じ人間です。同じ条件で受験します。勉強もしないで合格できる人なんていません。
ようは受験者の心の持ち方ひとつということです。

1回の不合格で諦めてしまうのか、合格するまでチャレンジするのか、回数を決めてチャレンジするのか、自分自身が決めることです。本人次第で社会保険労務士にもなれるのですから。

もしあなたがこの社会保険労務士資格取得試験を受けるとすれば、この情報を知ったうえで、何回トライしてみますか?

おすすめ!社会保険労務士の通信講座

社会保険労務士の試験は司法書士よりもやさしく、行政書士よりも難しい国家資格です。
確実に合格を目指すため、社会保険労務士の通信講座が充実している「たのまなヒューマンアカデミー」をおすすめします。
すぐに資料請求(無料)をして検討する材料をそろえましょう!