社会保険労務士のイメージ

数年前までの社会保険労務士のイメージと言えば、会社で事務員が行う手続きの代行のように思われて、どちらかと言えば地味な職業と思われていましたが、最近では、社会保険労務士=年金のスペシャリストというイメージに変わってきました。

そういう風に変化していった背景には、やはり年金問題が騒がれるようになったからではないしょうか。
メディアで騒がれるようになってきた頃から、急激に社会保険労務士の資格を取得しようとする人が増えていき、今では受験者数も増え、かなりの狭き門となっています。

その狭き門を突破するためには、忍耐力と努力が必要不可欠なものです。
独学で勉強する人、通信講座を受講する人、資格学校に通う人と勉強方法も多種にありますが、この資格を受験する人の多くは、仕事を持ちながら、将来のための受験だと思います。
ですから自分に合った、勉強法を見つけることが取得への第一歩ではないでしょか?

中小企業診断士などの資格を持ち、現在そのお仕事をされている方でも社会保険労務士の資格を取得し、請け負っている企業の一部ではなく、労務も含め全体をマネジメントしていきましょうという人もおられます。

では、この狭き門を突破したからと言って、すぐに独立開業できるのかと言えばそうではなく、取得後に社会保険労務士事務所に勤務しなくてはいけません。
そこで、先輩の社会保険労務士にノウハウを教わるわけです。

もちろん、社会保険労務士としてのノウハウだけを教わるのではなく、営業力も学ばなくてはいけません。
独立開業すれば、仕事を取ってこなくては収入になりませんから、自分を信用してもらい、任せてもらえるかは、自分の営業力とアピール力にかかっているということです。

これから、ますます高齢化が進み、年金についてのスペシャリストである社会保険労務士の需要はかなりあると思います。労務管理についても過労死やうつ病などの問題を改善しようとしている動きのある今からが、専門的知識を持った社会保険労務士は必要とされていく職業です。

おすすめ!社会保険労務士の通信講座

社会保険労務士の試験は司法書士よりもやさしく、行政書士よりも難しい国家資格です。
確実に合格を目指すため、社会保険労務士の通信講座が充実している「たのまなヒューマンアカデミー」をおすすめします。
すぐに資料請求(無料)をして検討する材料をそろえましょう!